2018父の日礼拝みことば

114

祝福のみことば  詩編86:5
主よ。まことにあなたはいつくしみ深く、赦しに富み、あなたを呼び求めるすべての者に、恵み豊かであられます。

日ごろのお父さんたちの愛とご労苦に心から感謝いたします。いつまでもお元気で、イエス様の祝福が豊かにありますようお祈りいたします。

松山牧師、父の日礼拝メッセージは、「走り寄る愛」と題し、ルカの福音書15:11-24のみことばから語られました。
15:20 こうして彼は立ち上がって、自分の父のもとに行った。ところが、まだ家までは遠かったのに、父親は彼を見つけ、かわいそうに思い、走り寄って彼を抱き、口づけした。
放蕩息子に対し、父の方から走り寄って迎えたのです。
私たちの天の父なる神もまた、憐み深く、忍耐強くあられ、決して私たちを見捨てず、待ち続けています。

Ⅰペテロ 2:25 あなたがたは、羊のようにさまよっていましたが、今は、自分のたましいの牧者であり監督者である方のもとに帰ったのです。
自分勝手に生きる罪の生活は決して自由ではありません。今、主を知り、主に立ち返りましょう。

日曜日ゴスペルを楽しむ会お知らせ

2018年6月から毎月第4日曜日の午後、ゴスペルを楽しむ会とゴスペルカフェが開かれます。(6月24日から)
時間は午後2時から(カフェは3時頃から)
ゴスペルを楽しむ会の参加費は無料です。
楽しくゴスペルを歌ったあとは、ゴスペルカフェでゆっくり楽しんでください。
歌える方も歌えない方でもどなたでも気軽にご参加できるような会ですので、日曜の午後、楽しいひと時をご一緒しましょう♪
ゴスペルカフェのメニューは、カフェラテ、マキアートなど、時々変えながら美味しい飲み物のメニューとなっています。どれも100円から200円で頂くことができます。

113

お気軽に土崎グローリアチャペルのゴスペルへおいで下さい。お待ちしています。
主催のThe Power Praiseのサイトはこちらから

※通常のTPPの練習日は、毎月第2金曜日となっています。

2018ペンテコステ礼拝でのみことば

ペンテコステはキリスト教三大祝日の一つです。2000年前に初代の弟子たちに聖霊様が注がれて教会が誕生しました。

109

祝福のみことば
レビ記6:12-13
祭壇の火はそのまま燃え続けさせ、それを消してはならない。かえって、祭司は朝ごとに、その上にたきぎをくべ、その上に全焼のいけにえを整え、和解のいけにえの脂肪をその上で焼いて煙にしなさい。
火は絶えず祭壇の上で燃え続けさせなければならない。消してはならない。

松山牧師メッセージ「主よ聖霊の火をもう一度」みことば
使徒の働き2:1-4
五旬節の日になって、みなが一つ所に集まっていた。
すると突然、天から、激しい風が吹いて来るような響きが起こり、彼らのいた家全体に響き渡った。
また、炎のような分かれた舌が現われて、ひとりひとりの上にとどまった。
すると、みなが聖霊に満たされ、御霊が話させてくださるとおりに、他国のことばで話しだした。

Ⅱテモテ1:6-7
それですから、私はあなたに注意したいのです。私の按手をもってあなたのうちに与えられた神の賜物を、再び燃え立たせてください。
1:7 神が私たちに与えてくださったものは、おくびょうの霊ではなく、力と愛と慎みとの霊です。

恵み深い礼拝の後、午後からはペンテコステ祈祷会が開かれ悔い改めと熱い祈りを捧げました。

土崎グローリアチャペルへようこそ

Scroll Up