「ヘブル人への手紙」タグアーカイブ

2022/7/3主日礼拝

主の御名を賛美いたします。

2022年7月3日、主日礼拝のメッセージです。

メッセージ 松山 裕牧師

「死に至るまで忠実なれ」

聖書箇所 ヘブル人への手紙3:1-6
1 そういうわけですから、天の召しにあずかっている聖なる兄弟たち。私たちの告白する信仰の使徒であり、大祭司であるイエスのことを考えなさい。
2 モーセが神の家全体のために忠実であったのと同様に、イエスはご自分を立てた方に対して忠実なのです。
3 家よりも、家を建てる者が大きな栄誉を持つのと同様に、イエスはモーセよりも大きな栄光を受けるのにふさわしいとされました。
4 家はそれぞれ、だれかが建てるのですが、すべてのものを造られた方は、神です。
5 モーセは、しもべとして神の家全体のために忠実でした。それは、後に語られる事をあかしするためでした。
6 しかし、キリストは御子として神の家を忠実に治められるのです。もし私たちが、確信と、希望による誇りとを、終わりまでしっかりと持ち続けるならば、私たちが神の家なのです。


YouTube 土崎グローリアチャペル

145599

2021/12/26主日礼拝

主の御名を賛美いたします。

2021年12月26日、主日礼拝のメッセージです。

メッセージ 松山 裕牧師

「再び来られる主」

聖書箇所 へブル人への手紙 9:26~28
26 もしそうでなかったら、世の初めから幾度も苦難を受けなければならなかったでしょう。しかしキリストは、ただ一度、今の世の終わりに、ご自身をいけにえとして罪を取り除くために、来られたのです。
27 そして、人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっているように、
28 キリストも、多くの人の罪を負うために一度、ご自身をささげられましたが、二度目は、罪を負うためではなく、彼を待ち望んでいる人々の救いのために来られるのです。

YouTube 土崎グローリアチャペル

2021/3/21主日礼拝メッセージ動画

主の御名を賛美いたします。

2021年3/21日の礼拝メッセージです。

メッセージ 松山 裕牧師

「信仰を捨ててはならない」

聖書箇所 ヘブル人への手紙 11:1-6

1 信仰は望んでいる事がらを保障し、目に見えないものを確信させるものです。
2 昔の人々はこの信仰によって称賛されました。
3 信仰によって、私たちは、この世界が神のことばで造られたことを悟り、したがって、見えるものが目に見えるものからできたのではないことを悟るのです。
4 信仰によって、アベルはカインよりもすぐれたいけにえを神にささげ、そのいけにえによって彼が義人であることの証明を得ました。神が、彼のささげ物を良いささげ物だとあかししてくださったからです。彼は死にましたが、その信仰によって、今もなお語っています。
5 信仰によって、エノクは死を見ることのないように移されました。神に移されて、見えなくなりました。移される前に、彼は神に喜ばれていることが、あかしされていました。
6 信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神がおられることと、神を求める者には報いてくださる方であることとを、信じなければならないのです。

YouTube 土崎グローリアチャペル