「イベント報告」カテゴリーアーカイブ

2017年父の日ご報告

2017年6月18日、父の日特別礼拝が捧げられました。
日ごろのお父さんたちの愛とご労苦に心から感謝し、いつまでもお元気で、イエス様の祝福が豊かにありますよう、お祈りいたします。
会堂の入り口で、壮年の皆様へプレゼントとメッセージカードが子どもたちから渡されました。

祝福のみことば イザヤ書63:16
まことに、あなたは私たちの父です。たとい、アブラハムが私たちを知らず、イスラエルが私たちを認めなくても、主よ、あなたは、私たちの父です。あなたの御名は、とこしえから私たちの贖い主です。

特別賛美は、ゴスペルフラ ラウレア、ハレルヤキッズ、ゴスペルTPPが捧げました。
スライドとメッセージによる主への賛美もありました。

松山牧師、父の日メッセージはマタイの福音書6:26-34、「すばらしき天の父」と題し、語られました。

空の鳥を見なさい。種蒔きもせず、刈り入れもせず、倉に納めることもしません。けれども、あなたがたの天の父がこれを養っていてくださるのです。あなたがたは、鳥よりも、もっとすぐれたものではありませんか。マタイの福音書6:26

私たちは神を「アバ、父」と親しく呼びかけることができます。
天の父は、私たちを絶対に見捨てたり、忘れることはありません。
人生を力強く導き守ってくださる父なる神です。
全ての必要を満たし、養ってくださる神です。
私たちは、悩みや心配事で心奪われることはないのです。天の父を信頼するときに、奥底に流れる神の平安を持つことができるのです。私たちを満たすものは、神の愛です。御子さえ惜しまずに与えてくださった天の父が共にいてくださる、信じるならば、この特権が与えられるのです。

恐れるな。わたしはあなたとともにいる。たじろぐな。わたしがあなたの神だから。わたしはあなたを強め、あなたを助け、わたしの義の右の手で、あなたを守る。イザヤ書41:10


昼食後に、壮年の皆さんに特別に飲み物とケーキのおもてなしがありました。

2017年ペンテコステご報告

2017年6月5日は、ペンテコステ特別礼拝でした。

聖歌隊による特別賛美、
ペンテコステメッセージは、「変えられた初代の弟子たち」と題し、聖書箇所使徒の働き2:1-4から、松山牧師が語られました。
イエス・キリストが昇天された後、祈り初めて10日目、120名の弟子たちに注がれた聖霊、風が吹くと燃え上がる聖霊の力を受けたのです。
私たちは弱いもので、ペンテコステの前のキリストの弟子たちと同じようなものです。しかし、ペンテコステの恵みはそれを変える力があります。
炎の御霊で満たされ、聖められ、キリストの証人となっていきましょう。私たちは決して希望を失うことはないのです。

礼拝の最後に、聖霊の象徴である鳩のサブレが出席者お一人お一人に渡されました。

午後からは、ペンテコステ祈り会が開かれました。
賛美の後、松山牧師のショートメッセージがあり、
聖霊の注ぎが、教会に、自分自身にあるように輪になって熱く力強く祈りました。

2017年母の日ご報告

2017年5月14日母の日、教会では10:30から母の日特別礼拝が開かれました。
礼拝にご参加いただいたご婦人の皆さんお一人お一人に、会堂の入り口で、子どもたちがカーネーションとカードを渡してお迎えしました。

ハレルヤ・キッズ、The Power Praise、Laule`aコクアクラスよる特別賛美、
また、フラとゴスペルのコラボによる特別賛美が捧げられました。

聖書箇所はヨハネの手紙Ⅰ4:7-10
愛する者たち。私たちは、互いに愛し合いましょう。愛は神から出ているのです。愛のある者はみな神から生まれ、神を知っています。
愛のない者に、神はわかりません。なぜなら神は愛だからです。
神はそのひとり子を世に遣わし、その方によって私たちに、いのちを得させてくださいました。ここに、神の愛が私たちに示されたのです。
私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです

母の日特別礼拝の松山牧師メッセージは、
「ここに真実の愛がある」と題し、語られました。
母の愛に心から感謝しながら、その背後にある神の愛に目をとめようではありませんか。人間の愛には限界がありますが、自らのいのちを捨ててくださったお方の、真実の、無限の、永遠の愛があることを知ってください。カルバリーの十字架の愛を受け取ってくださいと、熱く愛を語られました。
お母さんたち、ご婦人の皆さんの上に神様の恵みと祝福が注がれますようお祈りいたします。


お昼は、昼食に特別な飲み物とケーキが添えられ、母の日をお祝いいたしました。